[Microsoft Bot Framework] LUISに日本語を解析させる

概要

MicrosoftのLUISは自然言語を解析してくれるサービスですが、現状 英語/フランス語/イタリア語/スペイン語/中国語 にしか対応していないという問題があります。

【参考記事】
『Build2016 : LUIS による自然言語入力解析』

しかし、Bot Connectorを通すことでその自動翻訳機能を利用することができ、結果的に「自然な日本語で受け答えができるボット」を開発することができます。

今回は「日付を入力したらその曜日を答える」ボットを作ってみます。

Continue reading

Macで開発したボットをAzureで運用する

概要

Microsoft Bot Frameworkを使って作成したボットをMicrosoft Azureで公開する方法については以下の記事が参考になります。

Build2016 : Microsoft Bot Framework を使った Bot アプリ作成

しかし、この記事ではVisual Studio2015を利用しているため、Macで開発したボットをAzureに上げるためにはいくつか気にすべき点と手順があります。
この記事ではそれを紹介します。

Continue reading

[AWS] JAWS-UG沖縄勉強会「Cloud on the BEACH 2016」へ参加・登壇してきました。

こんにちは、与儀です。

沖縄はもうすっかり夏ですね、梅雨入り前とあって蒸し暑いです。
去った4/29(金)のGW連休初日に開催された、毎年恒例の「Cloud on the BEACH 2016」へ参加・登壇してきましたので、そのレポートです。毎年このイベントが終わってから夏本番、と言った感じですね。
Continue reading

[AWS] AWS認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル試験に合格したので、勉強したことを簡単にまとめてみました。

こんにちは、与儀です。

先日、AWS認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル試験を受験して合格しました。晴れてプロとなったわけですが、勉強したことを簡単にまとめてみました。これから受験しようとされている方のご参考になれば幸いです。
Continue reading

[AWS] AWS CLIでELBへSSL証明書をアップロード、削除する。

こんにちは、与儀です。

ELB(Elastic Load Balancing)にSSL証明書を配置して、HTTPS ロードバランサーとして利用することで、ELB → EC2間はHTTP通信のみとして利用することができます。

ロードバランサーの HTTPS リスナーの設定

EC2コンソールまたは、AWS CLIを用いてSSL証明書をアップロードしてHTTPS リスナーの追加をすることができますが、アップロードされたSSL証明書を削除する方法は、現状AWS CLIからしかできないため、今回は、このSSL証明書アップロードと削除の作業をAWS CLIより実行してみたいと思います。
Continue reading

[AWS] AWS Certificate Manager (ACM) で、無料のSSL/TLS証明書を発行してELBへ適用する。

こんにちは、与儀です。

AWS Certificate Manager (以下、ACM) というサービスがリリースされました。このサービスは、Amazonが発行するSSL(/TLS)証明書を無料で利用できるサービスで、現在のところ、CloudFrontとELB(Elastic Load Balancing)に対してのみ利用できます。また、現時点ではバージニア北部リージョンのみで利用可能です。

AWS公式ブログ記事の[New] AWS Certificate Manager – AWS上でSSL/TLSベースのアプリケーションを構築に、書いてある手順に従って、SSL(/TLS)証明書(以下、SSL証明書)発行とELBへの適用をやってみます。
Continue reading

[AWS] AWS Configを有効化する。

こんにちは、与儀です。

AWS Configは、AWSのリソースの設定情報や変更履歴を残しておくことができるサービスです。
AWS Configの管理画面から履歴を、リソースID等を指定することで閲覧することができます。

例えば、誤ってVPCの一部設定を消したり変更してしまった場合、元の設定値がわからなくて
戻せなくなる場合があります。そういう場合にAWS Configを有効化していれば、設定情報を
確認して再設定することができます。
(サービス名を呼ぶときは、AWSを省いて、「Config」だけでいいかもしれないですが、
 これだけだとしっくりこないので、「AWS Config」と呼んでおきます。。)

現在、AWS Configは下記のリソースに対して設定可能となっています。
・EC2
・VPC
・EBS
・CloudTrail
・IAM

では、AWS Configを有効化してみます。
Continue reading

[AWS] CloudTrailを全リージョンで有効化する。

こんにちは、与儀です。

CloudTrailは、AWSの各種サービスのAPI操作ログを取得、保管して見れるようにするサービスです。例えば、EC2管理画面を操作中に誤ってEC2インスタンスを停止してしまった場合などに、CloudTrailが有効化されていれば、いつ、どのユーザが、どのインスタンスを停止したのか追跡することができます。

また、AWSのサービスによっては、ログ出力が特定リージョンに依存しています。例えば、東京リージョンでCloudTrailを有効化していれば、東京リージョンにあるEC2操作ログを取得することができますが、グローバルサービスであるRoute53のAPI操作ログは、米国東部(バージニア北部)リージョンのCloudTrailを有効にしていないと、取得できません。

というように、CloudTrailは自分が主に使用しているリージョンだけではなく、全リージョンで有効化しておくことが推奨されます。それには、1つ1つのリージョンを有効化するか、AWS CLIコマンド等を使って全リージョンを有効化するような処理を作り込む必要がありました。

ですが、これはもう過去のものになりました。CloudTrailのサービスアップデートによりこれからCloudTrailを使う人は全リージョンを有効化することがとても簡単(当たり前)になりました。
AWS CloudTrail アップデート – すべてのリージョンを有効に

(全リージョンが一発でできるなんて便利過ぎる。。)
実際にやってみます。
Continue reading

[AWS] RDS for Aurora を作成・削除する。

こんにちは、与儀です。

RDS for Aurora は、「Amazon がクラウド時代にリレーショナル・データベースを作るとどうなるかを1から考えて構築したサービス」です。

下記のスライド12ページから、Auroraの特徴を抜粋すると、

  • MySQL5.6と互換性があるため既存のアプリケーションを簡単に移行可能
  • ストレージが10GBから64TBまでシームレスに拡張
  • 3AZに3つずつ、計6つのデータのコピーを保持
     -S3にストリーミングバックアップを実施
  • VPC内に起動
     -SecurityGroupやNACLを使用してアクセスコントロール可能
  • Amazon Auroraは99.99%の可用性を実現するように設計されている

Continue reading

[AWS] VPCウィザードからVPCを作成する。

こんにちは、与儀です。

VPC(Virtual Private Gateway)は、ざっくり言うとAWSクラウド上に自分だけのセキュアでプライベートな仮想データセンターを簡単に作ることができるサービスです。VPC自体は無料で使うことができます。ここでは簡単ですがVPCを作成してみます。
Continue reading