[AWS] VPCウィザードからVPCを作成する。

こんにちは、与儀です。

VPC(Virtual Private Gateway)は、ざっくり言うとAWSクラウド上に自分だけのセキュアでプライベートな仮想データセンターを簡単に作ることができるサービスです。VPC自体は無料で使うことができます。ここでは簡単ですがVPCを作成してみます。

VPCの概要についてはこちらをご参照ください。

VPCは初めから作成済みのデフォルトVPC(172.31.0.0/16)というものがありますが、ここではVPCウィザードから新規作成します。(デフォルトVPCについては、こちらを参照してください。新規作成するVPCとデフォルトVPCでは若干仕様が違うところがあったりします。)
現在、新規で作成されたAWSアカウントで、EC2インスタンスを構築する場合は、必ずVPC上で構築しなければなりません。なのでEC2を使う上でVPCは必須となります。

AWSサービストップ画面より、「VPC」を選択します。(画面右上にて東京リージョンが選択されていることを確認してください!)

「VPCウィザードの起動」を選択します。

「1個のパブリックサブネットを持つ VPC」を選択します。

VPC名に任意の名前を付けます。アベイラビリティゾーンはここでは「ap-northeast-1a」を選択します。「VPCの作成」を選択します。

以上で、VPCが作成されました。「OK」を押します。

「VPC-TEST」が作成されています。

簡易的な図にすると↓のようになります。

以上で終了です。VPCはとても簡単に構築できますね。
検証環境用、本番環境用など、用途ごとにVPCを分けて作成して作業すると便利かもしれません。

ここまでの作業は下記のドキュメントに細かく記載があります。ぜひご確認ください。
シナリオ 1: 単一のパブリックサブネットを持つ VPC

以上です。