tex でプレゼンスライドの巻

古い人間なので、スライドも emacs で作れないと我慢ができません。
以前は S3 を使っていたのですが、最近は slideshare などという便利な道具がありますので pdf なフォーマットにできる方が良いよね、という事で今は latex を使っております。

とりあえず

Makefile 関連から。共通なルールを列挙したソレを作って、include する方式を採用しております。
Makefile.inc.mk

DVIPDFMX=/opt/local/bin/dvipdfmx
LATEX=/opt/local/bin/platex

.SUFFIXES: .tex .dvi .pdf

%.pdf : %.dvi
	$(DVIPDFMX) $<

%.dvi : %.tex
	$(LATEX) $<

all: $(DOC).pdf

$(DOC).pdf: $(DOC).dvi
$(DOC).dvi: $(DOC).tex

clean:
	rm -f *~ *.pdf *.dvi *.log *.aux

latex で .dvi を作成してそれを基に dvipdfmx で .pdf を出力してます。ちなみに clean というターゲットを使った事がありません。
で、スライドを追加する度に Makefile を追加してます。例えば以下。
Makefile.20100703.mk

DOC=20100703
include Makefile.inc.mk

上記の例だと追加された tex なテキストファイルの名前は 20100703.tex という事になります。また、コンパイルは以下なコマンドにて実行する形です。

$ make -f Makefile.20100703.mk

わしは上記を Makefile に順に突っ込んでたりしてます。

ソースの例

という事で以前の JAG 沖縄支部な LT で使ったスライドのソースを以下に晒しておきます。
20100703.tex

\documentclass[slide,papersize]{jsarticle}
\usepackage[dvipdfmx]{graphicx,color}
\usepackage{slashbox}
\begin{document}

\section*{告知}
\vspace*{15mm}
\begin{center}
{\Huge {\bf いくつか}}
\end{center}

\section*{ABC の ust 動画}
\vspace*{15mm}
\begin{center}
{\LARGE {\bf http://bit.ly/9Ve7NZ}}
\end{center}

\section*{ABC の ust 動画}
\bigskip
\begin{itemize}
\item 地方支部 LT
\bigskip
\item GClue 佐々木さん
\bigskip
\item ミニ四駆
\bigskip
\item 女子部
\end{itemize}

\section*{WEB+DB Press}
\vspace*{15mm}
\begin{center}
{\LARGE {\bf http://bit.ly/anu57W}}
\end{center}

\section*{JAG}
\bigskip
\begin{itemize}
\item 地方支部、部活が乱立気味
\bigskip
\item JAG http://bit.ly/bBTme2
\bigskip
\item 沖縄支部 http://bit.ly/aziGp0
\end{itemize}

\section*{最後に}
\vspace*{15mm}
\begin{center}
{\LARGE {\bf 運営メンバ募集してます!!}}
\end{center}

\end{document}

ソース見るだけで微妙な LT っつーのが分かりますな。
ぼくは高橋メソドと箇条書きだけでプレゼンしてる人なのでこれで十分なんですが、そろそろきちんとしたスライドを作る癖を付けた方が良いかも (何

avatar

About yamanetoshi

λ 好きだよ λ