行った 見た 触った 3Dプリンタ!

レキテクでは「はじめまして!」となります。フルカワです。

いきなり私事で恐縮なのですが、最近ボードゲームにはまっています。
昨今の、3Dプリンタを初めとするMakerムーブメントはボードゲームの世界においても明らかに“追い風”であり、実際に名作中の名作『カタン』の3Dデータが有志によって投稿されていたりします。

『カタン』の3Dデータ集

これらを実際にプリントアウトして遊んでみたいと思って、先日業者に見積を取ってみました。その結果、一式で20万円以上!これはさすがに手が出ません…orz
しかし、そんなつぶやき(というか、ぼやき)をTwitterに投稿したところ、MGWave 鈴木さんから「うちに3Dプリンタあるから試してみますか?」というありがたいお声かけをいただきました。
本日はそのときのレポートとなります。

MGWaveにあったのは、MakerBot Replicator !

3Dプリンタにはいろいろな種類があるのですが、これは熱で柔らかくしたABS樹脂を重ねて造形するタイプのものです。

このようなリールを本体裏側にセットします。

サイトで公開されているデータを直接出力できるわけではなく、いったんCAM(Computer Aided Manufacturing)と呼ばれるタイプのソフトウェアでデータ変換を行います。

さらに台座が温まるのを待ち…

ようやく、出力が始まります。

まずは、「数値トークン」というものを出力してみます。完成予定図はこんな感じです。

しかし、いきなり失敗!下の層から上へ積み重ねていく途中で、位置がずれてきてしまいました…

データが壊れていたのかもしれないということで、別のソフトで変換して再出力を試みます。

なんじゃこりゃ…
今回も明らかな失敗。変換時のパラメータによってはうまく変換できないこともあり、そういった場合は繰り返しパラメータを調整することになるそうです。

今度は良い感じ…

しかし、なんということでしょう!出力の途中で、データを送信していたノートPCの電源が落ちてしまい、プリンタが止まってしまいました…
紙に出力するプリンタもそうですが、3Dプリンタも失敗すると「続きから出力を再開する」といったことができません。

だいたいどんな感じで出力されるかは分かったので、次に「地形タイル」のうち一番立体的な「山地」(下図で灰色のパーツ)の出力を試みます。

こちらは順調に出力されていきます。

外側から見えない部分は自動的に中空構造になり、樹脂の節約が図られます。

そして、こちらが完成品!

おおー!まさに、「山地」です。積み重ねられた層が等高線を思わせます。

一方で残念な気持ちもあります。
今回は山地のパーツだったため、これはこれである種の造形美さえ感じられるのですが、もしこれがアニメキャラクターなどのフィギュアとなると話は別です。“等高線”が出てしまっていたらキャラクターの魅力は半減してしまいます。
そういった用途には、別の方式(光造形など)の3Dプリンタもあるのでそちらを使って出力することになるのでしょう。

3Dプリンタに大きな可能性が秘められていることは疑いありませんが、現状はまだ発展途上なのだなということが今回の見学でよく分かりました。しかし、だからこそ今のうちから見て/触れておくことが重要だと思います。
今回は非常に良い体験をさせていただきました。お声かけいただいたMGWave鈴木さんに改めて感謝し、本レポートの〆といたします。